スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作詞のおはなし。

お久しぶりです!今年もよろしくお願いいたします。
あっそうだ!先週20歳になりました。お祝いして下さった方々ありがとうございました!m( )m
いや本音を言うと私は一生子どものままだと思ってたので・・・まさか・・・大人になるとは
これからも歌頑張っていきますね!

さて、作詞のお話をします。
私は歌を歌いつつ、1年ちょっと前くらいから歌詞も書くようになりました。
まだまだこなした件数あんまりないので、へたっぴかもしれない・・・けど楽しいし、
やっぱり自分で歌詞を書いてそれを歌うのは違う・・・!のでので、頑張ります!

今回は今まで書いた中でお気に入りの歌詞をご紹介できればな~と思ってブログ書きましたっ


「XIO Feat. せんざい - Again [F/C The Last Symphony Remix EP]」

ドアを開けたその先は
君が待つ星空だった
躊躇う(ためらう)手を引っ張って
目が眩むほどの場所へ
何もかもが初めてで
全てが輝いて見えた
戸惑うことは無かった
君とならもう一度

リアルを飛び出した先は
君が待つ夜空だった
高鳴り肌で感じて
目を合わせ笑い合って
周りの目なんか気にせずに
全身で表現して
一瞬を忘れないよ
あの空をもう一度

駆け足で進む先は
君が待つ蒼空(ヒカリ)だった
溢れる音を掴んで
胸の鼓動分け合って
時が過ぎるのも忘れて
情景を刻み込んで
酔いしれるまで踊って
あの夢をもう一度






初めてクラブに行った自分の心境と重ね合わせて書きました。(歌詞のテーマ、わかったかな・・・?)
最初はめっちゃ怖い・・・パ、パリピ・・・みたいなイメージだったんですが(そういう箱もあるかもだけど)
実際行ってみたら自分の好きな音楽を全身で感じられて最高じゃないか!!!

とってもアバウトですがそんな歌詞です!

テーマがクラブなので、クラブでいっぱい流れてくれればよいなあ~と個人的には願っています。
お家でヘッドフォンで聴くのも最高だけど、その音楽に合わせてノリノリになれるクラブはとっても良い所!
(未だにクラブで人とお話しするのは苦手で、ノリノリになるだけなって他はめっちゃ寡黙みたいになってますが)
でもでも、全然相手の声聞こえないので、「変な反応してたらどうしよう!」とはよくなります・・・あるあるだよね??




今後ほかの曲の歌詞もお載せ出来ればなあ、って思っています!ではでは!



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。